男性を中心として築かれてきたスポーツ業界。環境や仕組みは、以前に比べて改善したところがあるが、現状ではまだまだ女性には厳しい世界のようだ。例えば、2015年の米女子バスケットボールリーグ(WNBA)の女性管理職の割合は26%、国際オリンピック委員会の女性メンバーの割合は26.7%に過ぎない。また2016年春には、女子サッカーの米代表チームの選手が、男女間の給与格差を理由に米サッカー連盟に対して訴訟を起こしたばかりだ。

しかし、女性に閉鎖的な業界であることをものともせず、スポーツマーケティングに対する自らの情熱に従い、突き進んできた女性がここにいる。ゲッティイメージズのオリンピック&戦略提携シニアディレクターを務めるジェイニー・マークスだ。彼女はやる気と粘り強さで、念願の業界入りを果たし誰もが望む地位に上りついただけでなく、米出版社の『SportsBusiness Daily(スポーツビジネス・デイリー)』が選ぶ「2015 Game Changer(2015年のゲームチェンジャー)」賞にも輝いた。

マークスは主に、Yahoo!(ヤフー)、FOX Sports(FOXスポーツ)、VISA(ビザ)、Oakley(オークリー)、P&G(ピーアンドジー)、McDonald’s(マクドナルド)などの企業とのスポンサーやコンテンツ提携をしたり、米オリンピック委員会、全米テニス協会、女子テニス協会、男子プロテニス協会(ATP)ワールドツアーとの戦略的提携の管理を担当している。スポーツ愛に浸れる仕事を通じて、マークスはスポーツマーケティングにおける彼女の能力を存分に発揮し、クライアントにコンテンツと撮影ソリューションを提供している。

JM-USAHouse2-13-14
2014年ソチオリンピックの選手村の前に立つマークス

 

マークスのオフィスには、オリンピックコレクションやオリンピックIDカードなどの思い出の品が、オリンピック選手にとってのメダルのように飾られている。また、オリンピックと世界水泳選手権の金メダリストであるマイケル・フェルプスと一緒に写った写真も置かれている。ゲッティイメージズの代表として10回のオリンピックを訪れたマークスにとって、これらは単なる記念品ではなく、彼女が歩んできた道のりそのものだ。

女子テニス界に君臨したビリー・ジーン・キングが提唱し、40年以上も開催されている北米団体戦シリーズのワールド・チーム・テニス(WTT)。友人を通してビリー・ジーン・キングに紹介してもらい、WTTのマーケティング担当に雇われたことがきっかけで、マークスがキャリアをスタートさせたのは、1970年代のことだ。それ以降マークスは、Budweiser(バドワイザー)やSpeedo(スピード)といった大手ブランドのスポーツマーケティングキャンペーンに携わったり、米国バレーボールプロフェッショナル協会(AVP)のプレミアプロビーチバレーボールリーグのゼネラルマネージャーとマーケティングディレクターを、女性として初めて務めた経歴を持つ。

Wilson 100 Year Anniversary Cocktail Party
全米オープンテニス開幕前パーティーで、ビリー・ジーン・キング(左)と元テニス選手イラナ・クロス(右)に囲まれるマークス(中央)

長年に渡ってキャリアを築いてきたマークスは、クライアントやブランドとの間に感情的な繋がりを作り出すことが、マーケティングにとっていかに大切であるかを知っている。

「看板、Tシャツやゼッケン、フィニッシュラインや授賞式で渡す賞品など、様々な形を通してブランドの存在を確立させることが、マーケティング担当の役割です。重要なのは、相乗効果を生むようにブランドを利用することですね」

現在は、リオデジャネイロオリンピックに取り組んでいるマークス。ゲッティイメージズからは100人以上ものスタッフが、この一大イベントを報道するために現地入りしている。

「およそ16日間のオリンピック開催期間中にゲッティイメージズが撮影する写真の数は、150万点を超えます。スポーツが生み出す物語は感動の連続ですが、選手が見せる素晴らしい瞬間は1回限りで繰り返されません。オリンピック関連団体やスポンサーが求めている写真を特定して確実に提供することが、私のチームの役割です」

 2012年ロンドンオリンピックにて、マークスのチームが写真を通じてサポートした企業スポンサーの一例

マークスにとって、ゲッティイメージズの社員であることは、スポンサーをサポートする以上の意味を持っている。自分より大きな存在の一部として、このスポーツの祝典に敬意を表し、歴史的瞬間を捉えて伝えることに魅力を感じているのだ。

「職業を通してスポーツへの情熱を共有できて、私は本当に幸せ者です」

2016年リオオリンピックの写真は、ゲッティイメージズをご覧ください。また、InstagramTwitter 、Snapchat(gettyimages)でも最新写真を随時アップします。