「最高の瞬間を捉えるには、観客と同じ目線でショーを楽しまないといけない」

IMG Fashionのオフィシャルイメージパートナーであるゲッティイメージズは、世界中のファッションウィークのランウェイ、モデル、パーティーやその舞台裏まで幅広く取材してきました。ゲッティイメージズで活躍する7人の写真家が、今年の印象的な1枚を紹介します。

 

1. ラリー・ブサッカ

活動拠点: ニューヨーク

選んだショー: Lela Rose show, New York

「モデルと観客の動きに注目をしました。観客がモデルの服に触れそうなほどランウェイとの距離が近かったので、両者の動きと戯れをカメラに押さえようとしました」

Larry Busaccaの写真を見る

2. ビトリア・ズニノ・セロッテ

活動拠点: ミラン

選んだショー: Roberto Cavalli show, Milan

「ショーの終盤に撮影しました。私は一味違う最高の瞬間を撮影するためには、観客と同じ目線でショーを楽しまないといけないと思っています。実はこの写真は、ファッション写真では珍しく、イギリスの新聞の一面に掲載されたんです」

Vittorio Zunino Celottoの写真はこちら

 

3. ジェイミー・マッカーシー

活動拠点: ニューヨーク

選んだショー: Marc Jacobs show, New York

「歌手のニッキー・ミナージュは、マーク・ジェイコブスの舞台裏にいました。ニッキーは自分の携帯電話でモデルと一緒の写真を撮って欲しいとアシスタントに話していましたが、恥ずかしくてモデルに頼めないようでした。私はニッキーに『私が写真を撮りましょう』と声をかけました。彼女は嬉しそうにモデルのほうへ歩いていきました。あれは、とてもかわいらしい瞬間でした」

 Jamie McCarthyの写真はこちら

 

 

4. メロディー・ジェング

活動拠点: ニューヨーク

選んだショー: Outside 3.1 Phillip Lim show, New York 

「3.1フィリップ・リムのショーが終わった後に撮影をしました。私は、写真に写る少女達から、フィリップ・リムの服を着ているだけではない、豊かな人間性を感じました。そこが、良い写真を撮れたポイントです。私は、人々が純粋に楽しんでいるところを撮影するのが好きです」

Melodie Jengの写真はこちら

 

 5. マイク・コッポラ

活動拠点: ニューヨーク

選んだショー: Tommy Hilfiger show, New York

「(写真に写る)モデルのアイリーン・キムの写真は、トミー・ヒルフィガーのショーが終わった後に撮影をしました。彼女に照明の前に立ってもらい、光に包まれるように撮影を行いました。彼女のドレスが会場の色彩にぴったりで、すべてが完璧でした」

Mike Coppolaの写真はこちら

 

6. ニールソン・バーナード

活動拠点: ニューヨーク

選んだショー: Lie Sangbong show, New York

「テントの中で開催されたショーの中で一番美しいものでした。撮影できたことは大きな喜びです」

Neilson Barnardの写真はこちら

 

7. チムール・エメク

活動拠点: ベルリン&ニューヨーク

選んだショー: Outside Hermes show, Paris 

「毎年ファッションウィークの会場近くで起こる風景を撮影しました。この背景がなかったら、誰もパリのファッションウィークだとは気づかないでしょう。私がこの写真をとても気に入っている理由は、ブロガーのキアラ・フェラーニ(写真に写る女性)との関係性を十分に表現できているからです」

Timur Emekの写真はこちら

 ファッションウィークの写真をGettyimages.co.jpでご覧ください